北海道大学/大学院教育学研究院/教育学部
Language
トップイメージ

大学院進学をご希望の方へ

入学状況

 本学院では、他大学・他学部、及び他大学院の出身者にも門戸を広げ、積極的に受け入れてきています。また、1993年より社会人のための修士課程入学試験を実施してきています。これまでの入学者の職業、社会的経験等は以下のようなものです。

 中学・高等学校教員、大学教員、教育関係職員、医療・福祉関係職員、団体職員、自治体職員、主婦、民間企業職員

 また、近年の大学院入学状況は以下の表の通りです。

修士課程入学者(入学定員:45)

    H24年度 H25年度 H26年度 H27年度 H28年度 H29年度 H30年度
一般入試 本学出身 8 11 17 15 9 12 13
他大学出身 9 8 9 7 6 10 5
社会人入試 本学出身 2 0 0 1 0 0 2
他大学出身 10 4 11 4 6 6 5
留学生入試 15 22 13 16 17 21 16
44 45 50 43 38 49 41

博士後期課程入学者(入学定員:21)

  H24年度 H25年度 H26年度 H27年度 H28年度 H29年度 H30年度
本学大学院出身 12 8 8 7 14 8 7
他大学院出身 7 2 2 6 4 4 7
留学生(内数) (3) (1) (3) (4) (4) (3) (5)
19 10 10 13 18 12 14

奨学金・授業料免除など

 大学院生のための経済的な援助として、奨学金、授業料の免除の制度が用意されています。
 奨学金では、日本学生支援機構の奨学金制度が最も広く利用されているものですが、民間の財団などが実施しているものもあります。
 授業料免除は、経済的理由により授業料の納付が困難でかつ学業成績が優秀と認められた者に対して、各期分の授業料の全額または半額を免除する制度です。
 また、教員か行う授業や研究の補助をして給与(時給) を受けることができるティーチング・アシスタント(TA)やリサーチ・アシスタント(RA)の制度もあります。
 博士課程の院生の場合には、日本学術振興会の特別研究員に応募する方途も開かれています。

長期履修学生制度

 職業等を有しているなどの事情で、教育学院の標準修業年限(修士課程:2年、博士課程:3年) を越えてー定の期間にわたり計画的に教育課程を履修し、修了することができる制度が平成17年度から導入されました。
 この制度を希望する場合は入学願書提出時に希望の有無を届け出て下さい。また、入学手続きの前に必要な書類等を作成・提出していただきます。
 詳細については教育学事務部教務担当にお問い合わせください。

修士・博士論文題目一覧

説明会

【日 時】 平成30年6月6日(水) 18:15~ ※事前申し込み不要。どなたでもご自由にご参加いただけます。

H30-1教育学院大学院進学説明会ポスター

トップへ戻る