北海道大学/大学院教育学研究院/教育学部
Language
トップイメージ

専門分野の紹介

更新日:
学校教育論講座

教育工学(情報教育論)

テーマ

教育現場が抱える諸問題に対して、工学的な手法(必ずしもICTを活用するわけではありません)を用いて解決方策を探ります。詳細は下記の坂元先生の定義をご参照ください。

紹介

「教育工学は、教育に関係した操作可能なすべての諸要因、すなわち、教育目標、教育内容、教授目標、教授内容のような教育情報教材・教具、教育機器のような教育媒体、教育方法、教授方法、教育環境、児童・生徒の行動、教師の行動やそれらの集団編成ならびに以上の諸要因相互の関係を分析、選択、構成、制御して、教育効果を最大ならしめることを実証的に、そして実践的に研究する工学であり、教育行財政、学校学級管理経営や知育、訓育、カウンセリングなどの教授活動、および教育情報の収集、整備、利用、時間割作成、出欠成績などの教務のような実践領域において、工業技術、情報科学、理学、行動科学、人間工学の成果を縦横に利用して、教育の効率化をはかる研究分野である。」(坂元昂(1971)『教育工学の原理と方法』明治図書新書65.)

求める学生像

教育の現場において解決したい問題を抱えており、教育工学的な手法で解決に取り組みたいと考えておられる方、一緒に問題解決に取り組みましょう!

教員の紹介

准教授・江本 理恵 

トップへ戻る