北海道大学 大学院教育学研究院  教育学院 / 教育学部

北海道大学 大学院教育学研究院  教育学院 / 教育学部

子ども発達臨床研究センター

センター長あいさつ

子ども発達臨床研究センター長  宮﨑隆志

 子ども発達臨床研究センターは、1978年に設置された乳幼児発達臨床センターを2006年に改組して設立されました。乳幼児発達臨床セン ターは縦断的発達研究や保育実践研究の拠点として機能してきましたが、子ども発達臨床研究センターとして再 発足して以後は、発達障害児・者の 支援研究をもう一つの基軸として据え、 同時に発達研究の焦点も異年齢集団や地域社会などの発達環境にあてられるようにな りました。2014年 からは、これらに教職高度化研究部門を加え、教員の資質や教員 養成のありかたに関する研究と発達研究を結び付けることを目指しています。

 現代社会は、「生きづらさ」を抱えながら生きざるを得ない人々を多く生み出すようになりました。一見すると「非人間的」な事件も頻発しています。このような社会状況の下で、人間の発達や教育を語ることは容易ではありません。なぜなら、教育は人間の発達を保障する社会的な装置ですが、その教育が行きわたっているはずの日本の社会で、そのような問題が起きているとすれば、教育や発達に関する研究・教育も現在の社会状況に加担している可能性があるからです。

 私たちは、生きづらさに直面する子どもや若者を念頭に置きつつ、現代の子ども・若者の真の発達を支える実践の展望を切り開く研究が求められていると考え、このセンターをそのような研究の拠点として位置づけることにしました。発達心理学、社会教育学、社会福祉学、社会学、臨床心理学、特別支援教育学、教師教育学、小児神経学などの研究領域を超えて、これまでの発達概念を見直しながら、臨床的・教育的な支援の課題や方法を探求し、さらには今後求められる学校像への提言を行うことが私たちのミッションです。皆様のご理解・ご支援と、積極的なご参加を心よりお願い申し上げます。

子ども発達支援研究部門

 現在の日本社会では、人が安心して生活し、育つための基盤的条件がゆらいでいるといわれています。本研究部門は、2011年度から2013年度の3か年、人間発達とコミュニティ発展の総合的な支援モデルを志向した「発達支援学プロジェクト」を展開し、従前の発達心理学を基盤とする子ども発達研究部門と、社会教育学を基盤とする子ども支援研究部門を統合して誕生した、「development(発達、開発、発展)」とその「支援」に関する学際的研究の拠点です。保育・子育て支援、学校、保健・医療、子ども・若者自立支援などの現場において、対人援助実践の最前線で活躍する実践者との協働的研究を推進しています。

子ども臨床研究部門

子どものさまざまな発達障害の実態把握やアセスメントから、具体的な遊び・学習支援・集団活動まで、おもに臨床心理学、特別支援教育を専門領域とする研究者が取り組むプロジェクトが展開されます。子どもたち社会性や人間関係における困難が中心である自閉症スペクトラム障害(自閉スペクトラム症)や、行動コントロールや不注意などの困難をもつADHD、読み書きなどの学習面に特異的な困難をもつLDといった発達障害の子ども達の困難の分析と臨床的対応を、現場の教師や支援者、学生や院生スタッフなどと協働のもと研究が行われます。

教職高度化研究部門

社会の急激に変化に伴い、子どもの学びの世界にも大きな変革が求められ、知識や技能をもとに自ら課題を発見するとともに、他者と協働して解決に取り組み、新たな価値を創造することが重視されています。このような子どもの学びの世界を実現する上で、教育活動を担う教師には、より一層高度な専門性と実践力が不可欠となります。
 本研究部門では、養成-採用-研修を通して教師が成長・発達するプロセスの解明や、全国的および世界的な視野から捉えた高度な職能発達プログラムのモデル化、そして本学における教職課程の高度化に資する研究に取り組んでいます。

  • 子ども支援研究部門
  • 子ども支援研究部門
院生用様式ダウンロード 様式ダウンロード(認証あり)